あたなの”恥ずかしい”という気持ち2秒で消します。

どうも、佐田です。


突然ですが、
”恥ずかしい”って感情を

2秒で跡形もなく消し去る、
そんな方法を見つけました。


これは控えめに言って最強です。
もっと早く知りたかったです。


恥ずかしいという感情を
消すことができれば・・・


人生最強だと思います。


まず、物怖じせず自分の意見を
言えることで目立てるし、

それだけでメリットてんこ盛り。
失敗にビビらず挑戦しまくれるし。
どんな状況でも堂々と振る舞えるし。

それこそ自分が情けないと
感じるような格上の人と
ガンガン絡むことだってできるし。


まじで最強です。最強。


ビジネスの世界のみならず
日常生活においても最強。

成功の定義は
人それぞれだと思いますが、

「恥ずかしい」の感情を消せれば、
とりあえずご自身の目的達成は余裕かなと。


人間誰しも人生勝ち組になる
ポテンシャルはあるけど、

それを妨げるのがこの
”恥ずかしい”という感情です。


そんな最強になるために
「恥ずかしさを2秒で消し去る方法」を

この記事では僕の物語を
通してお伝えします。


僕は元々”恥ずかしい”という
感情に苦しんでました。


「僕なんて大したことないし」
「価値提供できなかったらどうしよう」


最近は
「情報発信しようと思うけど気が引ける」


そう言って、
アウトプットできない方がいるんです。


過去の僕と全く
同じ考えなのでとても分かります。。。

めっちゃ分かるのですが、
結局、恥ずかしがっていたら
いつまで経っても成長できない。


コレに尽きます。


もっとガンガン行けたら
人生大きく変わります。

それで改善できたら苦労しないよ!
という声が聞こえてきそうです。


なので、今日は自責の念も込めて
記事を書くことにしました。


最後まで読んでいってくださいね!

————————————————-


恥ずかしさを突破しないと
一ミリも成長できない。

恥ずかしがってる人に
付いていきたいと思うか?


少なくとも僕は思わない。


自分では意識していたつもりでも
まだ足りてないのが本音。


例えば、僕は昔、
「公式LINE2桁突破!」って、

あくまで外から見たらだが、
堂々と情報発信していた。


これは10名様に登録して
もらった時点ですぐに言い始めた。

しょっぼ、、っと思われるかもしれない。
たったの2桁ではしゃぐなって。。。


こんなことしか言えない自分情けない。。。
ちくしょーーーー。

本当はこころの中でそう思ってた。
でもここで出し渋りしていてはいけない。

たったの2桁だけど、
2桁いっていない人からすると
コレは凄いことのはず。


自分の「恥ずかしい」という感情ではなく、
お客さんを優先しよう。

その一心だった。

他にも今は
「月収6桁達成」とか書いてるけど、


言ってしまえばこれも恥ずかしい。


僕の周りには同じ年あるいは
年下の人が月に100万円稼いだり、
読者さんに感謝されまくったり、


正直凄い人が多すぎる。。。


だから、たった月6桁という実績を
いかにもすごいだろみたいな雰囲気で言うのが恥ずかしい。

メチャクチャ。
俺ショボすぎんか?って。


別にお金稼ぎが大事なんて
サラサラ思ってない。
それは絶対違う。

お金は幸せになるためのツールにすぎない。


でも、一つ言えるのは
僕の周りの凄い人たちは

世の中にとんでもないくらい
価値提供しているということ。


しかも既に凄い人なのに、
僕よりリスク負って貪欲に学んでる。

だから悔しい。。。

僕ってショボいなって。
恥ずかしい。。。


でもですよ。この感情は
お客さんにとって関係ない。

というか僕が逆に恥ずかしいという理由で
情報発信できなくなったら、

自分が本来教えられる人に
教えられなくなっちゃう。


それはお客さんにとってもよくない。
僕が勝手に恥ずかしいと言って、

傷つくことから逃げて、
自分を守って、

情報発信を辞めたら
お客さんにとっては不都合。


今では、僕が教えることで
喜んでくれるお客さんがいる。

最近も多くの方から
相談を頂けて、かなり嬉しかった。


僕がちくしょーーー!と思いながらも
「月収6桁超えました」と言ってるのも、

そこに興味がわいてくれる人もいるから。


僕が恥ずかしさを超えた分だけ
自分を守るのを辞めた分だけ

楽しませられる人がいるなら
それは絶対にやるべきです。


全てはお客さん目線。


だから勝手に自分で
自滅するのは本当によくない。


歯を食いしばって挑戦したらいいんよ。


僕は毎週のように公式LINEで
配信してるけど、


最初はめちゃくちゃ恥ずかしかった。


今の僕が情報を配信するのは早いかな。
誰も読んでくれなかったらどうしよう。

そう考えてると恥ずかしかった。
でも、それは違う。


読まれなかったら、次は読まれるように
努力していけば良いのよ。

恥ずかしがってる場合じゃない。


思えば最初に作業会を
開いた時もそうで、

実績0の俺に作業会は
キツいかなって思ってた。


僕なんかが作業会
開いたら恥ずかしいかな、、、って。

でもそんなの
気にせず見切り発車。

ええい、当たって砕けろ。


そこで恥ずかしがってちゃダメだ。
だから一緒に作業会しませんか?って
声かけたりした。

その当時周りから見ると、例えば
「よっぴーって奴が作業会なんて開いてやがるよ。まだ稼げていないのに。惨めな奴だなぁ」

とか思われるだろうか。
いや思われない。

人ってそんなに
他人のことを気にしていない。


自分のことで精一杯。
万が一、思われたところで
5分後にはよっぴーのことを忘れてる。


そう、忘れてるんだよな。


ここで本題の”恥ずかしい”っていう感情を
2秒で消し去る方法に入るけど、
これは超簡単だ。


その方法は・・・
「他人の恥ずかしい場面を思い出せ」

これだ。これだけ。

他人が恥ずかしがっている
場面を思い出してみろ。かぁ。

僕は過去を振り返った。
他人が恥ずかしがっているとき・・・?


う~ん、1ミリも思い出せない。。。
中学高校大学と親友たちとの
時間を振り返ったけど・・・


その人の恥ずかしい
エピソードすら出てこない。


そう考えると、なるほどと納得した。


自分が恥ずかしい場面って
他人からしたらどうでもいいってことなんだ。


だってそうでしょ。

僕が勝手に恥ずかしいって
思ってたことって周りの人は覚えてない。


実際僕はここまでを振り返って後悔が多い。
メチャメチャ失敗してきたって思う。
めっちゃ転んできた。

でも、たぶんその失敗は
誰も覚えていない。


みんな、「今」の僕を見てくれている。


それに今ならその失敗を
踏まえて教えられるし、
むしろ強みになってる。


知識って経験しないと得られない
経験知っていうのがあって、

つまりやってみないと
分からないことが多すぎるって事。


例えば過去の僕は
クラウドワークスもやってた。


挑戦してみた。


だからクラウドワークス
のことも教えられる。

ただの薄っぺらい
知識じゃなくて、

経験知を踏まえて、
それを言語化して伝えられる。


もう一度自責の念を込めて言うけど、

恥ずかしがって萎縮して
行動できないのはよくない。

だって2秒あれば消せるでしょ。
その感情なんて。


「他人の恥ずかしい場面を思い出せ」
この魔法の言葉があれば、消えるんよ。

いくら自分が恥ずかしくても、
周りの人は寝て起きたこら忘れてる。

人間ってそんなもん。
だからこれからも萎縮せず挑戦していく。


一緒にがんばろ。


————————————————–

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

結構、赤裸々に書いちゃいました。


僕も”恥ずかしい”という感情に
妨げられてるなと思ったときに
見返そうかなと思います。

この記事を書くときも
自分の思いをそのまま書くの

ちょっと恥ずかしいなと思ったのですが、
それで出し渋ってしまうのは違うのかなと。


この記事を読んでくれた方のうち
1人でも何か思うところがあれば、

僕としては恥ずかしさを
突破した甲斐があるので。

恥ずかしさを消してガンガン行こう。
その分お客さんに価値提供できるのは
情報発信ビジネスのいいところですよね。


ネットだろうとリアルでも恥ずかしいなぁ。。。って思ったときは


この言葉を思い出せてみると良いかもです。


「他人の恥ずかしい場面を思い出せ」




PS.

 

佐田の詳しいプロフィールはこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

=========================

ブログでは話せない内容は
無料のメルマガで公開中!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。